未分類」カテゴリーアーカイブ

農家を助けるドローン

ドローンが商用化されて以来、様々な現場で活躍している姿を見かけます。

ドローンと言えばだれもが思い浮かべるのが空撮でしょう。

TVCMや観光案内などの動画で使われていて、ダイナミックな映像が特徴的です。

今回取り上げるのは、農家を助ける農薬散布です。

ドローンで農薬散布

石川県でもドローンによる農薬散布が行われています。

農薬散布は重労働で、特に高齢化した農家では身体的な負担がとても大きく大変な作業です。

ドローンを使った農薬散布で安全で確実に散布することができ、負担を圧倒的に軽減させることができます。

また作業時間も人力で散布するのに比べておよそ1/5に短縮できるので、生産性の向上にもつながります。

ヘリコプターからドローンへ

かつては農薬散布にはヘリコプターや小型飛行機などが利用されていましたが、無人ヘリコプターに変わり、現在ではドローンが主流となっています。

ドローンは小型で動きが細やかなため、どんなところでも飛ぶことができます。

ヘリコプターでは近づくことができなかった線路際や山間部、狭い場所でも飛行可能です。

また騒音も少ないため、住宅地など特殊な場所でも散布が可能です。

飛行のための大掛かりな準備もいらないため、必要な時にすぐ作業できるのも便利ですね。

渋谷の街と夜のクラブ

渋谷というと多くの人がまず頭に浮かぶイメージはスクランブル交差点でしょう。

テレビで映し出されない日はないほど、あの定点カメラの映像は誰しもが目にしています。

109に象徴されるように渋谷は若者の街と称されることが多いですが、渋谷の街には色々な顔があり、大人も十分楽しめる街と言えるでしょう。

スクランブル交差点を渡り、渋谷センター街へ入っていくと渋谷独特の雰囲気を感じることができます。

クラブで渋谷の夜を楽しむ

渋谷にはクラブもたくさんあり、渋谷センター街、道玄坂、円山町あたりのクラブでは夜遅くから明け方近くまで多くの人でにぎわいます。

大型のクラブでは1000人以上入場できるところもありますし、キャパが数十人という小型のクラブもあります。

大勢でとにかく盛り上がりたい時、DJや音楽を楽しみたい時など、各店のスケジュールを見比べて選ぶと良いですね。

コロナ禍で変わったクラブ営業

コロナ禍で一時営業を停止していた店もだんだん再開してきていますが、営業時間を変更している店も多く、夕方オープンして10時~11時にはクローズという店や週末のみ営業という店もあるので出かける前には情報に注意しましょう。

またソーシャルディスタンスを守るためにも入場者数の制限を行っている店も多いようです。

前売りチケットを購入しておいた方が確実かもしれませんね。

天理市で生前整理のサービスを展開している会社

奈良県天理市を拠点として生前整理や遺品整理のサービスを展開している会社がります。

生前整理というフレーズの響きからあなたは何を感じますか?

縁起でもないとおっしゃる方も多いかと思いますが、考えてみてください。

人生には必ず終わりがあるのです。

高齢な方も若い方もだれしもいつかは最後がやってきます。

それも突然来るかもしれません。予知能力を持った方ならいざ知らず、そうでなければ誰もわかりません。

もし、今急にその最後の時が来てしまったら…自分だけがいなくなった家の中を想像したらどうでしょう。

整理をして前に進もう

「生前整理」とたいそうに考えなくても思い出を整理したり、いらないものを整理したり、逆に残すべき大事なものを整頓したりすることは大切なことではないでしょうか。

人生の節目、節目で定期的に今までを振り返りながら整理することで、これからの人生も充実したものになっていくことでしょう。

今はやりの断捨離も良いですよね。

便利なものにあふれた現代で、それらを整理してシンプルに暮らすとすごく楽になるって誰かが言っていました。

生前整理をヘルプ

大きな家具や、たまりにたまった不用品など動かすのも処分するのも大変です。

そんな時は生前整理のサービスを行っている会社に依頼すると良いでしょう。

プロの力であなたの整理を助けてもらえます。

グループホームについて

高齢者の福祉施設、いわゆる老人ホームは民間施設と公的施設に分かれます。

民間施設の中でも介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、グループホームの4つの形態があります。

グループホームとは

有料老人ホームとグループホームの大きな違いはグループホームは認知症に特化した施設で、大型の老人ホームに比べて小規模で家庭的な雰囲気を持っているのが特徴です。

介護付き老人ホームには看護師さんが常駐していますが、グループホームにはほとんどの場合看護師さんはいません。

定期的に医師や看護師さんが訪問するホームもありますが、基本的には元気で自立した生活ができる方が入居の条件となるようです。

グループホームには認知症に特化した施設の他、障害者のためのグループホームも川越にあるそうです。

祖母のいるグループホーム

私の祖母も90歳を超えても元気でしたが認知症が進み、グループホームにお世話になることになりました。

祖母の場合、物忘れがひどくなりわからなくなっていく認知症とは違い、結構頭ははっきりしているのですが、被害妄想が強くなり暴力や暴言が現れるようになりました。

入居当初は生活環境が変わったせいか、症状がひどくなり施設の職員さんたちにもずいぶん迷惑をおかけしましたが、しばらくすると落ち着いてきて以前より穏やかな生活ができるようになりました。

相変わらず被害妄想はあるようで、物を盗られたなどと訴えてはいましたが、暴力や暴言はずいぶん少なくなりました。

ユニット型なのでプライベート空間も充実していて楽しく生活を送っています。

無農薬野菜を栽培している会社

日本の農業人口は年々減少していて、さらに農業従事者の高齢化で、長期にわたり自給率の低下が危ぶまれてきています。

祖父母の時代には専業農家も多くありましたが、若者の農業離れが進み、兼業農家の時代から現在では完全に農業をやめてしまい、不動産業で生計を立てている方も増えているそうです。

そんな中、事業として農業を営む会社が次々と設立されています。

企業として農業に参入する会社や、仲間が集まって立ち上げる会社、個人で新規参入する会社などその形態は様々ですが、それぞれこだわりを持って農業に携わっているのです。

無農薬野菜を栽培

兵庫県で農業法人として立ち上げた会社は「食を通じて人々の健康に貢献したい」との思いを込めて、安心・安全な無農薬野菜を栽培しています。

有機無農薬栽培は簡単ではありませんが、安心と安全を食卓に届けたいとの思いから、丹精込めてホウレンソウや小松菜、ミニトマト、水菜、空心菜、コカブ、にらなどの野菜たちを育てています。

おいしい野菜を育てるには土づくりからこだわりたいということで、SOFIX土壌肥沃度診断士の資格も取得したそうです。

農業の色々な形態

農業は作物を栽培するだけではありません。

直販など販売まで一貫して行ったり、体験型農園や農業レストランなど幅広い形で事業化されてきています。

農業はどのような広がりを見せるのか、今後が楽しみな事業の一つですね。

貯めるだけでは増えない?!投資するなら何が良い?

銀行の預貯金は1990年には年利6%を超えていました。

銀行に預けておくだけでお金が増える、何とも良い時代でした。

今では0.002%と1000万円預けていても20円しか金利が付かないという何とも情けないことに。。

では、投資をするなら何が良いのでしょうか?

高利回りの太陽光発電投資

太陽光発電投資は高い利回りが特長で平均10%前後の利回りが見込めます。

太陽光発電物件の売買を行う会社を見ても、土地付き、システム購入設置済みの物件で利回り10%を超えるものがいくつも見つかります。

利回りが高いということは投資回収期間が短いということになります。

単純計算で10年で元が取れるということですよね。

売電価格が20年間保証されている

不動産投資や株式投資は市場の影響を受けやすく不安定な面がありますが、太陽光発電投資は長期的に安定した利益が見込めます。

それは固定価格買取制度により売電価格が20年間保証されているからです。

この制度のため20年間の収入がシミュレーションすることができ、金融機関からの融資も通りやすいでしょう。

太陽光発電投資を行うなら

このように比較的安定した収入が見込める太陽光発電ですが、売買には信用のおける仲介業者を利用しましょう。

太陽光発電は長い期間の投資となるため、会社にも長く営業を続ける体力が必要です。

また定期的なメンテナンスが行われるか、災害時の補償体制など十分に検討しましょう。

美味しく楽しめる給食サービスを提供する会社

皆さん昼食はどうしていますか?

社食、外食、キッチンカー、コンビニ…お弁当の人もいるかもしれませんね。

満足な仕事をするためには食事は大事です。

「腹が減っては戦もできず」はるか昔から先人たちも言っていました。

今回取り上げるのは「給食」。熊本で給食業務委託を行っている株式会社優食工房をご紹介します。

優食工房の事業内容

社員食堂、病院、福祉施設などの施設などで給食業務のフル受託を行っています。

予算に合わせた値段設定で、それぞれの施設に合わせて献立を作成し、型にはまった給食でなく、柔軟性を持たせた食事を提供しています。

優食工房では給食業務のフル受託だけでなく、給食献立作成、導入のアドバイス、給食運営のアドバイス、産業給食用食材開発など給食運営関連改善提案事業も行っています。

優食工房のこだわり

給食というとまずは学校給食が頭に浮かぶと思います。

子供のころの給食を思い出してみてください。

中には美味しい給食で楽しみだったという方もいるかもしれませんが、多くの方が美味しくなかったという思い出の方が多いのではないでしょうか。

学校給食に限らず、施設や病院などの食事は非常に質素なイメージがあります。

また、調理法や飾りつけなどにも決まりがあり、給食には厳しいルールがあるのです。

優食工房では、そんなルールの中でも美味しいのはもちろん、楽しめる食事をモットーに外食の考えを取り入れた給食を提供しているのです。

建物内の快適な空間を保つ空調システム

建物内の快適な空間を保つために空調は重要な働きを担っています。

空調とは空気調和を略した言葉。まさに空気を調和して人や物に居心地の良い環境を与えてくれる働きがあります。

空調工事というと冷暖房設備が頭に浮かぶと思います。

冷暖房設備ももちろん空調工事の一つには間違いはありませんが、空調は温度だけでなく、湿度、気流、清浄度などすべてを含めて空気の調和を図り、そこに居住する人や保管するものにとって最適な環境を作りだすのです。

東京の空調工事なら

東京の空調工事ならUNO ADVANCEがおすすめです。

空調工事に携わり52年の業歴で培ってきた知識と技術で最適な空調システムを提供しています。

常に進歩する新しいニーズにも対応しています。

2種類の空調

空調には対象の違いによって、保健用空調と産業用空調の2つに分けられます。

保健用空調とは、人が居住する空間、ホテル、オフィス、学校、病院、商業施設などで、そこで働く人や訪れる人が快適に過ごせるようにすることが目的となります。

産業用空調とは、建物内に設置された機械やコンピューターなどの精密機器、また保管されている物に対して機能や品質を損なわないように最適な状態の空調を維持することを目的としているのです。

資産運用のメリットや利点について

資産運用を行う事で、自分の資産を更に増やしていく事が出来る可能性があります。

2020年現在は、低金利の状態が長く続いており、銀行などに預貯金をしていても利息はごく僅かです。

資産運用を上手く行う事で、大切な資産を更に増やせる可能性があります。

資産運用でも人気の株式投資について

様々な資産運用の方法がありますが、中でも多いのが株式投資となっています。

株式投資は、企業の株を購入し値上がりした所で売却して利益を挙げる事が出来ます。

1日に売買を繰り返すデイトレードや企業の成長を待ち、長期間株式を保有する長期投資など様々な手段があります。

デイトレードでは、1日の中で値上がりした株の売買を行うため、専属トレーダーとして行なっている方が多いです。

長期投資の場合は、デイトレードとは異なり長く株を保有し続ける事から、サラリーマンでも行える手法となっています。

アベノミクス以降、日経平均株価も値上がりを続けており、資産運用の一つとして株式投資が人気を集めているのが現状です。

株式投資の中では、非課税枠で投資が出来る少額投資のNISAを行う人も多くなっています。

資産運用で外貨預金の特徴について

資産運用の方法の一つで外貨預金という方法が挙げられます。

外貨預金は、外貨を銀行に預ける事で金利を得るといった資産運用の方法となっています。

日本円を預ける時と同様に外貨も普通預金と定期預金が存在しています。

日本円の預金と比較すると、外貨の種類によっては金利も高くなる場合があります。

為替の動向にもよりますが、金利の高い外貨を預ける事で資産運用へと繋がっていきます。

元本保証は無いため、元本が割れるリスクも伴いますが、通常の日本円の預金よりも金利が高く資産運用として行われる人も多いです。

低金利の時代ですが、株式投資や外貨預金などの資産運用を活用する事で、資産を増やしていく事が出来ます。

老後の資金の不安などもあり、貯蓄しているお金を資産運用する事で、将来的なお金の不安を解消する事が出来ます。

いずれの資産運用も元本の保証は無いため、資産運用する場合には十分に知識を得てから行う必要があります。

通常の預金の金利では、資産が増えていかない現在では、上手に資産運用していく事で資産を増やしていける可能性があります。

橋にも寿命がある!

毎年起こる水害。今年も大きな被害がありました。

九州を中心に大変な豪雨となった令和2年7月豪雨では球磨川の氾濫があり多くの犠牲者が出ました。

山形では一昨日から昨日にかけて降り続いた大雨で最上川が氾濫し、各地で浸水被害が起きました。

日本三大急流の氾濫

日本三大急流と言われているのがこの球磨川・最上川・富士川で昔から洪水を繰り返し、暴れ川とも呼ばれています。

富士川は南アルプスから駿河湾に流れる河川で山梨・静岡を流れています。

河川の氾濫では堤防の決壊とともに橋梁の破壊も心配されます。

球磨川氾濫では無残に流されてしまった橋もありました。

橋の寿命と橋梁工事

富士川が流れる山梨県では橋梁工事について指針を示しています。

橋梁の寿命は50年から60年と言われています。

山梨県で調査したところによると、昭和30年代からの高度経済成長期に建設された多くの橋梁が、今後10~20年後に寿命を迎えることになり、2030年以降ではほぼ半分の橋梁が寿命となるそうです。

今までも架け替え工事を行ってきましたが、今後集中的に架け替えが必要になると財政が追いつきません。

そこで山梨県では少しでも寿命を引き延ばすことができるよう、橋梁長寿命化実施計画を策定し、定期的な点検と補修を行っているそうです。