コンクリート構造の建築過程で重要な型枠工事とは

建築工事には色々な職種がかかわっています。

コンクリート構造の建設物を作る時に重要な仕事の一つに型枠工事があります。

型枠とはあまり聞きなれない単語ですが、どのような作業になるのでしょうか。

愛知県で型枠工事を中心としたサービスを展開している株式会社篠原組をご紹介しながら型枠工事についてとりあげたいと思います。

型枠工事とは

コンクリート構造の建築物を作る際に鉄筋で骨組みを作ります。

その骨組みに木板やベニヤ板を組み立ててコンクリートを流し込み成型していく工事が型枠工事です。

この型枠工事は建造物の構造の根幹となる工程で強度や耐震性に大きくかかわる工事となります。

コンクリートの建造物はほとんどこの型枠工事が必要となります。

精密さが求められる工事

型枠工事は建物ごとにその形状が異なるため、すべて人の手により現場で作られます。

そして型枠を作る際にはmm単位での精密さが求められます。

流し込んだコンクリートが固まってしまえばやり直しがきかないので、型枠からコンクリートが漏れだしたり、壊れたりしたら取り返しがつかないことになります。

それだけに型枠を作る職人には、技術と経験が求められるのです。

愛知県の型枠工事なら

株式会社篠原組は柔軟な対応力で大型建造物から戸建てまで大小を問わず施行を行っています。

型枠工事に必要な知識と技術を持ったプロ集団がチームワークを生かして行う工事はクライアントからの高い信頼を得ています。

大阪の繁華街【ミナミ】はどんなエリア?

大阪の街は難波・心斎橋を中心としたミナミと梅田を中心としたキタの2大繁華街を有しています。

キタはオフィス街が立ち並ぶエリアで大企業などの本社や支社などが多くあるビジネスの街と言えるでしょう。

それに対してミナミは楽しむ街と言えるのではないでしょうか。

もともとミナミは船場の旦那衆が遊んでいた歓楽街から栄えてきた街と言われています。

花街とともに演芸や芝居を楽しんだり、飲食を楽しんだりしたことから、今でも劇場や飲食街が栄えているのです。

大阪をイメージすると必ず頭に浮かぶ【通天閣】【グリコの看板】や【食い倒れ人形】【吉本新喜劇のなんばグランド花月】などはすべてこのエリアにあります。

日本の台所と言われて栄えてきた大阪の代表的なエリアと言えるでしょう。

ミナミで不動産物件をお探しの方へおすすめの不動産会社

ミナミで物件探しをするなら地元の不動産会社がおすすめです。

大阪市中央区東心斎橋にある株式会社アドヴァンスホームは、大阪ミナミを中心に、店舗・事務所・マンションの仲介・賃貸・売買・管理等、不動産全般にわたりサービスを提供している会社で自社管理物件も多く、希望に沿った物件を案内することが可能です。

地元ならではの地の利を生かすことができ、満足できる物件に出会うことができるでしょう。

テレワークを始める前に準備しておくべきアイテム

新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務を余儀なくされ、自宅でテレワークを行うという社会人が増えました。

今はテレワークをしていないという人でも、第二波が起こることも懸念されているため、いつ業務がテレワークに移行しても対応できるように、準備をしておく必要があります。

そこで今回は、テレワークで準備する必要のあるものや、あれば快適にテレワークをすることができるアイテムを紹介していきます。

テレワークに必要なものを準備する

テレワークを行うために誰もが必要とするものは2つあります。

それは、PCとインターネット環境です。

特にインターネット環境については、音声や映像のチャットを行うことでWeb会議を行う機会も増えるため、ただ単に繋いでいるだけではなく、回線の速さなども重要になってきます。

テレワークを快適にするためのアイテムを準備する

ここから紹介するものは、必ずしもテレワークをするために必要なわけではありません。

ですが、仕事環境を整えることで効率が良くなったり、集中力が持続できるといった効果が期待できます。

1つ目は、ネックバンド型のスピーカーです。

テレワークではWeb会議をしたり、相手との連絡が通話になることから、スピーカーやイヤホンを使う必要があります。

ですがテレワークを行う人の中には、子供が家にいることから、周囲の音を聞き取れるようにしなければいけない人もいます。

ですが相手の声も聞き取れるようにしなければいけません。

そこで便利なのが、ネックバンド型のスピーカーです。

イヤホンやヘッドホンとは違い耳を覆わないので周囲の音も聞こえます。

中には普段はネックバンドとして使いながら、必要な時にはイヤホンとしても使えるものもあるので、集中したり、音声が外に漏れてはいけない様な時には、使い分けることもできます。

2つ目は、USBハブです。

仕事を行う際にはPCだけでなく、スマートフォンやタブレット、カメラなどといったものを必要とする人も多いです。

またテレワークの場合には、Webカメラなども接続する必要も出てきます。

それらの充電環境まで整えると、どうしてもコードが多くなり、机の上が乱雑してしまいます。

そんな時にUSBハブを使うことで、コードがまとまり、管理もしやすくなります。

情報を仕入れて、自分に必要なものを考える

テレワークを行う前に、テレワークについての知識や、実際にテレワークを行っている企業の様子が知ってから、準備するものを考えたいという人もいるでしょう。

そんな時には、「一般社団法人日本テレワーク協会」で様々な情報を見ることができます。

テレワークを導入する企業向けのHPとなっていますが、テレワークの知識を身に着けるためには情報量も多く、おすすめのHPです。

元々政府がテレワークを推進していたことに加え、コロナウイルスによる影響もあり、これから先テレワークはより広がっていくと想定されます。

コロナウイルスがいつ収束するかもわからないため、職場でいつテレワークが行われるようになるかわかりません。

そのため、いつテレワークに移行しても対応できるように、テレワークについての正しい知識を持ち、準備も進めておく必要があります。

テレワークは職場での仕事とは環境も異なるため、戸惑うという人も多いですが、少しの工夫で集中できる環境を整えることも可能です。

環境を整え、快適なテレワーク生活を送ってください。

精神疾患の在宅医療について考える

人間関係や社会的立場など複雑に入り組んだ世の中では多くの人たちが精神的ストレスを抱えています。

うまく解消できればいいのですが自分の中に抱え込んでしまう人もいて、うつ病や総合失調症などの精神疾患を発症してしまう方もおられます。

特に現在は新型コロナの影響で自粛生活を余儀なくされ、コロナ鬱などというワードも耳にすることが増えてきました。

自粛がきっかけで引きこもりになってしまった人もおられるようです。

今や他人事とは思えなくなってしまった精神疾患について取り上げてみようと思います。

精神科医療の転換

精神科医療は病院や施設から住み慣れた地域での医療や福祉へと転換してきています。

精神疾患の在宅医療は訪問看護の利用がかかせません。

患者さんが安心して地域で暮らしていくうえで訪問看護の役割は非常に大きいといえるでしょう。

精神疾患の訪問看護

一般の訪問看護ステーションでは精神疾患の訪問看護を断られることも多くありました。

その理由は精神疾患の訪問看護のノウハウを持たないためで、また偏見からくる患者さんとのかかわりの難しさなどが言われてきました。

現在では精神科訪問看護に力を入れている看護ステーションも増えてきているのでそういった事業所を利用すると良いでしょう。

クラウドソーシングは稼げる?コロナで注目が集まる隙間時間で稼ぐ方法

コロナによる外出自粛や様々な業種の休業により、ネットで稼げる副業が注目を集めています。

中でも注目度が高いのがクラウドソーシングです。

リモートワークで就業するのとは違い、隙間時間を生かして収入を得られることが魅力です。

ただし、稼ぐにはちょっとしたコツがあり、誰でも稼げるわけではないことには注意が必要になります。

副業出稼ぎたい人、本業の仕事ができない人のため、クラウドソーシングの現状と稼ぎ方のコツについてまとめました。

クラウドソーシングは稼げるようになりつつある

クラウドソーシングは稼げるものになりつつあります。

大手クラウドソーシングのランサーズ、クラウドワークスは経営が黒字化し、決算資料にも稼いでいる人の情報が載るようになっています。

プラットフォーム自体が悪質な案件の取り締まりを強化していて、詐欺的な案件は減少傾向にあります。

ただし、効率的に稼げるのは高い専門性を身につけた人や、単価の高い案件を見つける能力がある人に限定されています。

最初は自分に向いた案件を探すこと、稼げるノウハウを学ぶことからはじまるため、すぐに稼げるわけではないことに注意が必要です。

ランサーズ

クラウドワークス

悪質な案件はゼロではないことに注意が必要

クラウドソーシング大手は悪質案件撲滅のために、AIによる自動チェックやクライアント向けの情報発信などに力をいれています。

ただし、それでも悪質な案件はゼロにはならず、低単価で人を使い潰すような案件も存在します。

『クラウドソーシングを利用したブログやまとめサイト作成で稼ぐ方法』のような情報商材も出回っていることに注意が必要です。

クライアント側が運営に経営に失敗して破産するようなケースもあります。

お金が関わる内容だからこそ、シビアに考えて割に合わない案件を避けることが大切です。

月収80万円がゼロに…まとめサイト副業で痛い目にあった人々

どのように仕事を探して掴むかが大切になる

クラウドソーシングに限らず、自営で仕事をはじめた時は何をすれば良いかわからないことがほとんどです。

わからないうちは単価が低く、拘束時間が短いタスクからはじめて感覚を掴むのがおすすめです。

時間当たりにどれくらい稼げるか、感覚を身につけ、稼ぎ方を学ぶほど後々に生きてきます。

どのように仕事を探して掴むか考えられるようになることは専門性を身につけることと同じです。

単発の仕事であるタスクの仕事からはじめ、長期案件に繋がるプロジェクト受注を目指すなど段階をふむと失敗を減らせます。

クラウドソーシングの副業は稼げないのか?(2)「プロジェクト案件」

クラウドソーシングで稼げるようになるには、時間を管理し、お金を稼ぐ感覚を身につけて行く必要があります。

本業でビジネスに関わっていてシビアに自分を管理できる人以外は、案件を探して効率よく稼ぐ方法から学ぶ必要があります。

コロナの影響で簡単に稼げる案件の取り合いは激しくなり、簡単に稼げる環境ではなくなっていることにも注意が必要です。

注目度が高いほど新規クライアントによる悪質な案件が増えやすくなることも踏まえ、自営しながら稼ぐ意識が大切になってくるのです。

緊急事態宣言解除の大阪と不動産業界

昨日大阪を中心とした関西圏で正式に緊急事態宣言が解除されました。

この自粛生活は大阪の経済にも大きな影響を与えていますが、少しだけ先行きが見えてきた気がしますね。

とはいえ、ソーシャルディスタンスについては引き続き守っていかなければならず、新型コロナウィルスが流行する前の状態に戻るまではまだまだ時間がかかりそうです。

新型コロナウィルスの影響は大阪の不動産業界にも大きな影響を与えているようです。

リモート内見

卒業・入学、入社・転勤と新生活を始める人が多いこの季節は賃貸物件を扱う不動産会社にとって大繁忙期となります。

自粛生活でテレワークや外出を控えざるを得ない緊急事態宣言下では実際にお客さんを案内することができずにリモート内見で決める方も多いとか…

お客さんはもとより不動産会社の社員にとっても慣れない方法で戸惑いも多いようです。

空き物件が増える

休業要請が出された飲食店では売り上げが90%ダウンという店も多く、家賃や人件費の支出で大赤字が続いています。

自治体や政府から融資や給付など様々な救済措置も行われてきましたが、まさに焼け石に水状態で廃業を余儀なくされた店舗も次々と出てきました。

この廃業の波はまだ続くことでしょう。

景気が回復すればこのような空き物件もすぐに埋まることでしょうが、その時には不動産会社もさらに忙しくなりそうですね。

新型コロナウイルスに打ち勝ち、経済活動が元に戻る日が一日も早く来ることを祈るばかりです。

クラウドワークスはコロナで在宅時間の増えた人におすすめの副業

新型コロナウィルスの感染拡大により仕事が減ってしまった人は、今後の収入面に不安を抱えているはずです。

ですので新しい収入源となる副業には、ぜひ目をつけておきたいですよね

そこでネットできる副業でトレンドのクラウドワークスについて紹介します。

クラウドワークスとは

クラウドワークスは、多くの人が利用しているネットで仕事の受発注が可能なクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスはトレンドでだいぶ浸透してきていますので、そういうサービスがあるということを知っている人は多いのかもしれませんね。

クラウドワークスに登録すれば、クラウドワークスを介して仕事をすることができますよ。

クラウドワークスには定められた割合の手数料を支払わなければなりませんが、それでもコンスタントに仕事をこなせばまとまった収入になります。

仕事の要領がわかれば、月に10万円近く稼ぐ人もいるほどです。

ネットでお金が稼げる

クラウドワークスが副業に向いているのは、ネットでの仕事が初めての人でもできる仕事があるということです。

たとえば簡単なネット記事の作成はもちろんのこと、アンケートの回答など もあります。

これらの仕事で手取りが数百円くらいですから、1時間に2つ3つこなせれば時給で1,000円弱になります。

もちろん能力や運や状況にもよりますが、副業で少しでも稼ぐことができれば家計の助けになりますよね。

高額報酬の仕事もある

また簡単にできる仕事はもちろんですが高度なライティングや動画編集やアプリ開発や各種コンペなど、より専門スキルを求められる報酬の高い仕事もありますよ。

これらの仕事を請け負ってこなすことができれば、だいぶまとまった稼ぎになります。

簡単にはできないですが、その分見返りは大きいです。

有しているスキル次第で受けられる仕事が増えますし、ネットで副業をするのにクラウドワークスは注目のサービスです。

クラウドワークスのURL:「https://crowdworks.jp/」

STAY HOMEでも多種多様な副業を探せる

新型コロナウィルスの感染拡大を防止するためには、STAY HOMEで在宅するのがベストですよね。

その在宅状態でできる副業が、クラウドソーシングサービスのクラウドワークスです。

クラウドワークスには、本当にいろいろな仕事があります。

誰でもできる簡単な仕事もあれば、特定のスキルを有していないとできない難易度の高い仕事もあります。

ただいずれにせよ在宅した状態で仕事ができるのは確かですし、これから家でできる副業に取り組みたいならクラウドワークスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

新型コロナウィルスで経済停滞しているからこそ勢いのある仕事

新型コロナウィルスの影響で経済は停滞しています。

超がつくほど大手の企業でさえ、大ダメージを受けていますし、飲食業は軒並み深刻な経営悪化をしていますよね。

でも、そんな中でも勢いのある仕事ってあるんです。

そんな仕事を紹介していきます。

コロナで勢いのある仕事①ECサイト運営

コロナウィルスで外に出られない、でも美味しいものも食べたいし、生活必需品も欲しい、衛生関連の商品だって手に入れたい、そんな希望は誰でもありますよね。

そんな希望を叶えてくれるのがECサイトです。

気に入ったものをワンクリック、あるいはスマホでタップするだけで翌日には希望のものが玄関先に置かれています。
そういったニーズがこの騒動の中とても多くなっています から、勢いはすごくあるんですよ。

コロナで勢いのある仕事②販売車両メーカー

飲食業はとても深刻なダメージを受けています。

そんな中、店で待ってるよりは自分たちで動こうという考えが日増しに強くなっており、実際に行動に移している飲食店経営者が多いんですよね。

そんなニーズに応えてくれるのが移動販売車、この移動販売車を作るメーカーはとても多くの注文を受けています。

急ピッチで生産を行っていて大変なところもありますが、今まで以上に仕事は忙しくなり勢いが増していますね。

コロナで勢いのある仕事③テレワーク支援

事務仕事は全てテレワークに移行、そういった企業は少なくありません。

地方の企業でさえも、テレワークを積極的に推進してますよね。

もしかしたら今読んでいるビジネスマンの方もテレワークでしょうか?

そんなテレワーク移行の支援を行う企業に勢いがあります。

ある程度のノウハウがないと支援ができないため、今の急激なニーズに対応できる支援企業は限られていますから、ブルーオーシャンで需要増と言う理想的な状況ですよ。

儲かるところは儲かる

新型コロナウィルスの影響で全ての業種が大ダメージ、と言うのは表向きの話です。

実際は、ダメージを受けている企業の裏で、むしろ好況となっている業種も中にはあるんです。

もうだめだと思わずに、そういった企業はどんな特徴があるのか をこの機会に研究してみてください。

きっとこの騒動が収まった後に大きな飛躍のきっかけをつかむことができるかもしれませんよ。

どんな状況下でも儲かるところはあります。

そんなところに注目してビジネスチャンスを見つけていきましょう。

外国人技能実習制度について

コロナ禍で国際化にブレーキがかかっている状態ですが、グローバル化した日本。

親の世代では外国人が珍しい存在だったようですが、現代では街を歩けば様々な国の人たちと出会うことができます。

コンビニやスーパーなど身近なところでも外国人が働いていますが、最近「外国人技能実習生」というフレーズを耳にすることがあり、どんなものかググってみました。

そこで見つけた岡山県で外国人技能実習生受け入れ業務を行っている団体をご紹介したいと思います。

外国人技能実習制度って何?

日本の技能や知識を開発途上国に向けて移行させるために、技能を身に着けたい現地の人たちに技能実習生として日本に呼び、実際に日本国内の企業と雇用関係を結びます。

そこで技能を身に着け、帰国後に自国の経済発展に寄与するという国際協力の一つです。

SWE事業協同組合

外国人技能実習の概要は分かりましたが、受け入れはどうなっているのかというと、今回見つけたSWE事業協同組合のような団体が実習生と日本の企業との橋渡しを行っているようです。

実習生を受け入れるには様々な手続きが必要ですよね。

募集から選考、入国手続き、また現地での事前研修まで一貫してサポートしているそうです。

これなら実習生も企業も安心ですよね。

外国人技能実習制度を利用して少しでも海外協力の一端を担うことできれば良いですね。

ピンチはチャンス 投資術 コロナショックは投資タイミング

最近は、コロナショックで世界恐慌ともいわれる経済状況です。

そのため、日本経済も他なりません。

日経平均は軒並み低水準。

乱高下する不安定な時期が続きます。

多くの機関投資家や個人投資家は取引を手控えている時期です。

ですが、ビジネスマンの方は、こういうときだからこそできることもあります。

今回はコロナショックのこのタイミングでできることをご紹介していきます。

投資を始めるチャンス

この時期にできること。

それは、ずばり良い投資先を探すことです。

コロナショックでは、例えば日本株を見てみますと、概して低水準です。

そうなるとすでに株をしている方は、自身の持ち株が目減りしているような状況ですから、この上損をしたくないと、あらたな投資をする意欲もわいてこないでしょうし、そもそも自己資産が目減りしていて、そこへもってきて新たな資産をつぎ込む手元がなく余裕もありません。

ですが、今のこの時期だからできること。

それは次に上がる株を探すことや、バリュー株やコロナショックでかえって価値が高まる株を探すことです。

具体的には、実際の価値よりかなり低い評価まで下がっている株は少なくありません。

これは逆の見方をすれば、投資のチャンスなんです。

今、かなり落ち込んだ良い株を宝さがし状態で探し当てることは、長い目で見れば、かなり価値のあることなんです。

今一時期てなことを考えると、損をするかもしれませんが、コロナショックがいずれ収束して、持ち直した暁には元の水準まで戻るでしょう。

そして、景気が持ち直せば、その株は何倍、何十倍まで戻りがあるはずです。

もちろん、そこまで行きつくのには、月単位の話ではなく、もっと長いスパンで見ないといけないので、短期的な話ではないのですが、長期リターンを狙うなら、今が大チャンスなのです。

投資をしているビジネスマンの方は、今はそういう宝探しのタイミングです。

短期的には、自己資産が目減りして、意思消沈しているかもしれませんが、むしろピンチはチャンスです。

長期的なメリットを考える

このように、今自宅で待機期間が増えた方は、今こそ投資の勉強をするのは良いことです。

そして実際に株取引をしている方は、今は良い株を探しあてるべく最高のタイミングです。

今の暗いニュースを見て、株投資を手控えている方が多いと思いますが、意欲は失わなず、今できることをして、長期的なメリットを得ましょう。

今は、とても良い投資のタイミングではありませんが、本当に懸命な投資家は、虎視眈々と底値をうつタイミングをさぐっていますので、底が確認出来たら、次は買いのタイミングになりますよ。