携帯ショップの販売促進はアウトソーシングで

企業のスリム化、仕事の効率化、そしてスピードと品質アップを図るためにアウトソーシングを活用する企業が増えてきました。

時間をかけて教育して人材を育てるよりも外部に委託したほうが効率が良く、企業の競争力が強化されます。

アウトソーシングされる業務は高い能力が求められる専門職をはじめ、販売促進や営業支援などでも活用されています。

携帯ショップの販売支援

大手3社をはじめ新規参入を含む格安SIMを扱う事業者まで多くの携帯電話会社がしのぎを削っています。

スマホも5Gの時代を迎え、日々進化しているため、それを扱う携帯ショップのスタッフの知識力だけでは追いついていけない事態となってきています。

そこで携帯ショップに向けて営業・販売促進の支援を行ったり、スタッフの販売教育やコンサルティングを行う会社が注目を集めているのです。

広島のコンサルティング会社では携帯ショップに向けて、知識や技術力の高いスタッフを派遣したり、販促イベントの企画・運営を行っています。

イベント企画はアウトソーシング

スマホ業界で勝ち抜くために携帯ショップでは店内だけでなく、人がたくさん集まるショッピングモールや大型家電量販店などでイベントを行っています。

イベントの企画も大切ですが、接客するスタッフの質も重要なポイントとなります。

実績のあるコンサルティング会社に企画から運営までアウトソーシングすることで高い成果が期待できるでしょう。

子供の個性と発達障害

人はそれぞれ個性があります。

その個性を伸ばしつつも問題なく社会生活を送ることができるように自分で折り合いをつけながら成長していきます。

ただ生まれながらに脳に障害を持ち、うまく社会生活を送ることが困難な人もいます。

特に子供のころには個性と障害が見分けられない場合もあります。

友達とのコミュニケーションがとれない、落ち着きがなくじっとしていることができない、言葉で伝えることができないなど子供の発達で気になることが合ったら小児科医や保育園の先生や学校の教師などに相談してみると良いでしょう。

児童発達支援と放課後デイサービス

障害を持つ子供たちのための支援サービスとして児童発達支援と放課後デイサービスがあります。

児童発達支援は未就学の子供たちが通い、放課後デイサービスは小学校1年生から高校3年生までが利用できます。

松本市には児童発達支援と放課後デイサービスを行っている多機能型通所支援事業所があり、障害を持つすべての子供たちとその親御さんを支援しています。

幼児期から思春期まで各ステージ期において適切な支援をすることで、自分らしく生活できる成人期が迎えられると考えているのです。

障害も発達の個性であり、適切な支援で社会適応力を身につけることができるのです。

新型コロナウイルスの感染対策

東京の新型コロナウイルスの新規感染者は一時期よりは落ち着いてきたとはいえ、相変わらず3桁を記録しています。

第1波と言われていた時よりもウイルスが変異してきて弱毒化しているという説もありますが、これからインフルエンザが流行する季節を迎えることもあり、まだ気を抜くことができませんね。

先日近くのコンビニでアルバイト店員に感染者が出たということで数日間営業を停止していました。

幸い一緒に働いていた従業員にもお客さんにも感染することなく、クラスターにはなりませんでしたが、当日コンビニを利用した私もしばらく気が重い日々を過ごしました。

除菌と消毒

休業していた期間には店内の除菌・消毒を行ったようですが、商品数が多いので作業も大変だったのではないでしょうか。

仕事柄多くの業種の方と接する機会が多く、岡山で除菌や消毒、清掃などを手掛けている会社もその一つですが、コロナウイルスが感染拡大する中、除菌や消毒の依頼が後を絶たないそうです。

転ばぬ先の杖ではありませんが、除菌・消毒を定期的に行っていることで感染対策に効果的であるということから、高齢者施設やオフィス、スポーツジムなどの施設から依頼されることが多いようです。

このような対策とともに、基本的なことですがやはり手洗いなど各自が気を付けることが一番の感染対策になるのではないでしょうか。

高齢者の介護問題

高齢者社会問題が叫ばれて久しい日本ですが、さらに高齢化は加速していくばかりです。

高齢化の原因は二つ。医学の進歩で平均寿命が延びていることと出生率の減少です。

高齢化が進む現在、避けられないのが介護問題です。

ここでは訪問介護について取り上げてみます。

訪問介護とは

要介護の認定を受けた方が、施設ではなく住み慣れた自宅で過ごしたいと希望したとき訪問介護サービスを利用することができます。

訪問介護は資格を持ったホームヘルパーが定期的に自宅を訪問し、介護サービスを行います。

受けられる介護サービスは大きく身体介護と生活援助の二つがあります。

身体介護とは入浴や食事、着替え、排せつの介助などで、生活援助とは日常生活に必要な家事、掃除や洗濯、買い物、調理などを行います。

訪問介護は介護認定を受けた本人のみが利用できるサービスなので、利用者が日常生活に必要なこと以外は受けることができません。

三島市の訪問介護事業所

三島市にある訪問介護事業所では訪問介護事業、居宅介護支援事業、生活応援サービス、まごころサポートの4つの事業を行っています。

生活応援サービスや、まごころサポートでは、介護保険制度では認められていない作業のサポートを行っています。

介護保険制度にとらわれず全面サポートができるサービスは家族にとってもうれしいサービスですね。

新しいスポットに見る店舗設計施工

今年6月浅草からスカイツリーに続く川沿いに新しいスポット「mizumachi」がOPENしました。

スカイツリーのソラマチと並びもう一つの名所、mizumachiは新たな下町のコミュニティとして誕生しました。

川沿いのテラス席があるカフェやスポーツと一緒にカフェが楽しめる開放的な施設などの他、来年にはオリジナルレシピのビールが楽しめるクラフトビール専門店や、世界中から人が集まる宿泊施設コミュニティ型ホステルも開業します。

浅草からmizumachi、そしてソラマチへと散策を楽しむのも良いですね。

店舗設計施工

OPENしたばかりの新しい店舗を訪れると店舗のデザインと施工に興味がもたれます。

奇抜なデザインであったり、新しいのに懐かしさを感じさせるデザインであったり、施工された方たちの思いが伝わる店舗に出会ったときは、また訪れてみたくなります。

「mizumachi」のコンセプト

ここmizumachiでも新しい試みがたくさん施されています。

旅人と地域で暮らす人との融合、公園や川の環境と一体化した新しい形のレストラン、スポーツとカフェが一緒に楽しめる施設など、今まであったものにとらわれない新しい観点から作られています。

コンセプトは「Live to Trip。旅するように過ごし、暮らすように旅する」とのことです。

コロナ禍のライブハウス

コロナ禍で自粛生活が続いた時には、渋谷のスクランブル交差点を映す定点カメラの映像が、かつて見たこともない人の流れでした。

TVを見ていると毎日必ず目にする映像ですが、最近はコロナ前までは及びませんが、やっと人の波を見かけるようになりました。

渋谷のライブハウスも長期間休業していましたが、現在はイベントが再開されているようですね。

はじまりはライブハウスのクラスター

今回の新型コロナ感染拡大においては早期に大阪のライブハウスでクラスターが発生し、全国に広まっていったこともあり、ライブハウスへの風当たりが強かったように思われます。

確かにライブハウスは箱と称されるほどの密閉空間で、音漏れを防ぐために換気も難しく、まさに三密の状態です。

驚異的な感染力を持つ新型コロナウイルスですからこのような空間はクラスターになりやすいといえるでしょう。

長期にわたる営業自粛で国からの支援もむなしく、やむなく廃業に追い込まれたライブハウスもたくさんありました。

場所が無くなれば観客も困りますが、それ以前に演者も困ります。

コロナが終息したわけではありませんが、営業が再開できたことは喜ばしいことで、なんとか灯を消さないように願うばかりです。

ライブハウスの感染対策

国や地方自治体ではライブハウスに向けて新型コロナ感染拡大予防のためのガイドラインを発表しています。

各事業者はガイドラインに沿って営業を再開しているのです。

イベントに参加する人たちも防止策を守り、2度とクラスターが発生しないように注意することが必要ですね。

資産運用で安全性に信頼のある債券を利用することはリスク分散に適切

資産運用を考えている人なら、「確実に安全な投資方法はないものか」と一度は考えたこともあるでしょう。

投資であるため、絶対に安全というわけにはいかないものの、限りなく安全性を高めた投資はあります。

債権は比較的安全性が高く、国債のような特に信頼性に優れたものもあります。

投資でリスクの程度を測ることは重要

数多くの投資商品が証券会社などから販売され、老後の生活を安定させたい意識とも相まって、投資に対する関心は今やトレンドです。

しかし、利回りに惹かれて安易に手を出すと、逆に資産を減らす可能性もあります。

安全性を重視した手堅い投資は、長い目で見ても効率的です。

債権は、発行体に万が一のことがない限り、安全性に優れた投資商品です。

債権の意味 :債券ってどんなもの?

「国債」を考えてみましょう。

日本国が発行している債権が国債であり、その信用度は抜群です。

財政破綻で円の価値がなくなれば別ですが、そんな可能性は極めて低い確率です。

債券は購入すれば一定期間ごとに利子を受け取ることができ、満期後は元本が返却されます。

債権はローリターンな投資方法

一般的に債券は安全性が高い分、利益としてのリターンは小さいです。

そのため物足りなさを感じる場合もありますが、確実な利益が期待できることの価値は、特に投資で失敗した経験のある人なら痛感する部分でしょう。

国債に関しては、個人が購入する場合は「個人向け国債」が一般的です。

これには固定金利型と変動金利型があり、種類によって満期時期が違います。

国債の安全性は優れているため、基本的には多くの金額を保有していても特に問題のないものと言えます。

債権には、国債以外にも様々な種類があります。

アメリカが発行する「米国債」も、国の影響力の大きさや信用度の高さから、安全性への信頼があります。

発行体にどの程度の信頼性があるかが重要なため、種類によってリスクの違いも意識しておくことが大切です。

まとめ

投資といえば、大儲けしようという気持ちが働くこともあります。

しかし、投資で大切なのは元本を守る意識です。

損失を出してしまったら、身もフタもありません。

損失リスクはあっても、その可能性を最小限にして、長期投資の中で利益を積み上げていく投資方法は最も堅実なやり方です。

債券や国債のように、安全性の高いものや、比較的優れたものを投資の視野に入れておくことは有益です。

株式投資を行う人の中には、同時に債権も保有し、リスクを分散させているケースも多いです。

ライフラインを守る太陽光発電

「かつてない気候」「100年に一度の雨量」など最近の気象状況は今までの経験では賄いきれないほどの被害をもたらしています。

昨年千葉県を襲った2度の台風しかり、今年7月には集中豪雨による被害が九州地区をはじめ全国で起きました。

昨年千葉県の被害では長期にわたる大停電は県内広域にわたり、最長2週間あまり停電が続きました。

この時千葉県で活躍したのが太陽光発電です。

自立運転モードと蓄電設備で切り抜けた

自宅に家庭用太陽光発電を設置していたAさんは、停電時に自立運転モードに切り替えて無事非常用電源として利用できました。

太陽光発電装置は通常モードでは売電と自家消費を同時に行っているため、停電時には通常モードのままでは使用できませんが、自立運転モードに切り替えることで直接自家消費として使用することができます。

ただ太陽光発電装置は太陽光がなければ発電することができないため、夜間や曇天時では発電できなくなります。

そこで蓄電装置を設置しておくことで夜間も電気を使うことができるようになります。

Aさん宅では蓄電装置も設置されていたため、冷蔵庫やテレビを使うことができ、生活が守られたそうです。

スマホ充電で困っていたご近所の方にもとても喜ばれたとのことでした。

今後起こりえる災害から生活を守るためにも太陽光発電の需要はまだまだ増えることでしょう。

スマホ教室の講師

Facebookで久しぶりにつながった学生時代の友人は派遣の仕事でスマートフォン教室の講師をしているそうです。

そこのスマホ教室に来る生徒さんは高齢者ばかりで、お年寄りの扱いがうまい友人は生徒さんからも大好評、シフトを確認してから申し込む生徒も多々いるとか。

スマホ教室の実態

通常、このような教室では教材をもとに使用方法を説明して、その後質疑応答という流れです。

何回かのコースが設定されていて、終了したら新規の生徒を募集するのが普通ですが、このスマホ教室はいつも同じ人たちが何回も受講しているのです。

無料ということもあり、ほとんどサロンのような状態になっているとか。

なので教材もなく、わからないことをそれぞれが講師に教わるというスタイル。

ある時新人の講師が派遣され、教材をもとに授業を行ったところ、「何を言っているのかさっぱりわからない」と大ブーイングでその講師が派遣されるときには予約客が入らない事態になったそうです。

高齢者のスマホ

高齢者がスマホを初めて使ったときにまず最初に困ることが「電話に出られない」です。

普通考えられないことですが、今まで何人もの高齢者から聞いたことがあります。

高齢者向けのスマホ教室はまず「電話を受ける」から始めなくてはなりません。

一度に説明を受けても理解できずに終わってしまうので通常の講習会のような体裁では意味をなさないのです。

とりあえず「電話を受ける」ことができるようになってから一つずつ自分のしたいこと、困ったことを教えてもらいにスマホ教室にやってくるのです。

だから高齢者向けのスマホ教室はいつも同じ顔ぶれでサロン状態になっているそうです。

解体工事会社の求人情報

新型コロナウイルスも決して終息したわけではありませんが、政府の打ち出したGo toキャンペーンもtravelに続いてeatと次々に発表され、人々の生活も少しずつ自粛から抜け出してきているようです。

生活の変化に伴い経済活動も徐々に活発化してきてはいますが、コロナ以前の状態に戻るのはまだまだ先のことの様ですね。

コロナ禍での求職活動

このコロナ禍で職を失った方も多いでしょう。

外出を控えていた生活では就職活動もなかなか思うように進まず、さらには企業自体がコロナの影響で弱体化して求人数も少なくなっています。

そんな状況の中でも求人数が多いのが建設業関係です。

求人情報を見ても土木や解体工事の求人はコロナ禍においても多数掲載されています。

もちろん建設業においても新型コロナの影響は少なからず出ていますが、常に人材不足になりがちな建設業では求人は欠かせないのでしょう。

求人内容は短期アルバイトから正社員募集まで様々です。

もちろん資格や経験があれば相応の収入が見込めますが、未経験でもOKのところが多く、年齢に関しても幅広く募集されています。

自分に合った形態の求職活動ができるでしょう。

広島の解体工事会社でも作業員募集中!

広島県を中心にンクリート構造物の切断・穿孔工事をしている会社では、事業拡大のため現場作業員を新規募集しています。

免許や資格・経験などがあればもちろん優遇しますが、未経験でもOK。やる気と人柄重視で採用を決定するそうです。

チャレンジしてみてはいかがですか。