橋にも寿命がある!

毎年起こる水害。今年も大きな被害がありました。

九州を中心に大変な豪雨となった令和2年7月豪雨では球磨川の氾濫があり多くの犠牲者が出ました。

山形では一昨日から昨日にかけて降り続いた大雨で最上川が氾濫し、各地で浸水被害が起きました。

日本三大急流の氾濫

日本三大急流と言われているのがこの球磨川・最上川・富士川で昔から洪水を繰り返し、暴れ川とも呼ばれています。

富士川は南アルプスから駿河湾に流れる河川で山梨・静岡を流れています。

河川の氾濫では堤防の決壊とともに橋梁の破壊も心配されます。

球磨川氾濫では無残に流されてしまった橋もありました。

橋の寿命と橋梁工事

富士川が流れる山梨県では橋梁工事について指針を示しています。

橋梁の寿命は50年から60年と言われています。

山梨県で調査したところによると、昭和30年代からの高度経済成長期に建設された多くの橋梁が、今後10~20年後に寿命を迎えることになり、2030年以降ではほぼ半分の橋梁が寿命となるそうです。

今までも架け替え工事を行ってきましたが、今後集中的に架け替えが必要になると財政が追いつきません。

そこで山梨県では少しでも寿命を引き延ばすことができるよう、橋梁長寿命化実施計画を策定し、定期的な点検と補修を行っているそうです。

広島県廿日市市にある就労継続支援B型事業所

以前にも障碍者の就労支援について触れたことがありますが、今回は広島で就労継続支援B型および相談支援などの福祉サービスを行っている社会福祉法人桜虹会をご紹介しましょう。

社会福祉法人桜虹会では障害を持つ方も持たない方も誰もが安心して暮らせるような街づくりを目指して地域とともに活動しています。

就労継続支援B型事業所は広島県廿日市市内に4か所あり、それぞれ特徴を持ち通所できるように配慮されています。

そもそも就労継続支援B型とは

就労継続支援B型とは、一般の事業所と雇用契約を結ぶことが困難な就労経験のある障害のある方に対し、生産活動の場を提供し、自立した社会生活を送るための知識や能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。

就労継続支援B型では雇用契約を結ばないため、体調や障害の状態に合わせて自分のペースで作業を行うことができます。

こちらで向上が認められた方は就労継続支援A型や一般就労への移行を目指すことになります。

にじのえき

段ボールやスチロールを使った軽作業や廃品回収などを行っています。

朝市や駄菓子の販売など地域とのかかわりを持った活動の他、行事への参加など地域とともに歩んでいる事業所です。

さくら作業所

主に内職などの軽作業を行っています。

地域の公園の清掃作業や自販機の補充作業など施設外の作業も取り入れています。

コーヒーショップあんず

廿日市市の総合健康福祉センターあいプラザ内にあり、誰もが気軽に立ち寄れるコーヒーショップです。

支援スタッフとともに接客や販売を行っています。

ハナミズキ

パソコンを使ったデータ入力作業や段ボールの組み立てなどの作業があります。

作業場にはパーテーションで仕切られた一人で作業するためのスペースと数人で作業するスペースに分かれています。

一人で集中して作業を行い方に適した作業所です。

建築・土木工事で欠かせない残土処理

残土とは

土木工事や建設工事を行う場合、ほとんどの場合に工事の最初の段階として掘削を行います。

そして工事完了後に埋め戻しを行うわけですが、その時に余った土砂を残土(建設発生土)です。

かつては埋め戻しに使われる土は新規購入していて掘削した土砂はすべて処分されていましたが、現在では限りある資源を有効活用するために、掘削された土は一旦保管され、埋め戻しに利用されるようになりました。

そして足りない土だけを新規購入するような流れとなっているのです。

残土処理には分別が必要

残土には土砂だけでなく異物が混入してしまうことがあります。

例えば建物を取り壊した場合にはコンクリート片が混入したり、宅地造成で山や森林を切り開いた場合には伐木した木の根っこが混入していたりすることがあります。

こういった混入物があると残土として処分することができず、産業廃棄物としての扱いになってしまいます。

そこで残土として処分するには分別が必要となるわけです。

大阪で残土処理・残土処分、資材販売を行う会社

大阪で残土処理・資材配送・砂利販売などの事業を展開している会社をご紹介しましょう。

こちらの会社は創業から50年、多くの協力会社とネットワークを築き、一度にたくさんのダンプカーを手配することが可能です。

大規模な工事現場からダンプカー1台の残土処理までどんな仕事もこなすことができます。

稼働エリアは関西全域にわたり、大阪府内はもとより、和歌山・奈良・京都などどこにでも駆け付けます。

大阪を中心に運送サービスを行う会社

運送サービスは、生産性を増している経済と国民生活のライフラインとして必要不可欠な存在となっているでしょう。

特にコロナ禍で自粛生活を余儀なくされた国民生活では宅配が急増し、取り扱う運送会社は近年にないほどの繁忙期を迎えているそうです。

一方でコロナ禍により仕事が激減してトラックが遊んでいる状態の運送会社もあるそうです。

このように新型コロナウイルスは運送業界にも大きな影響を与えているようです。

ここでは大阪を中心に運送サービスを提供している会社を紹介しましょう。

大阪から全国にトラック輸送

こちらの会社では大阪から全国に向けてトラック輸送を行っています。

主に家具や家電製品などの生活物資の運送や住宅部材、イベント機材などの大型物資の運送、引越しなども行っています。

運搬する荷物の重量や大きさにより、4t車からワンボックスまで最適な車両を選択して、ニーズにこたえています。

安心と安全

運送サービスに最も重要なことは安心して任せられることでしょう。

「お預かりしたお荷物は品質が変わることなくそのままに指定の場所までお届けする」

そのためには安全を最優先に、迅速かつ丁寧に責任をもって運送にあたることが重要となります。

大阪の運送会社では安心・安全・品質・信頼の4つの柱を軸に取り組んでいます。

歯医者さんで行われているリスクマネジメント

歯医者さんはコロナ感染リスクが高い?

歯医者さんは口の中を診察、治療するわけですから飛沫感染のリスクは非常に高いと思われます。

しかし、新型コロナウイルスに限ったことではなく、もともとノロウイルスやインフルエンザなどウイルスや細菌感染のリスクが高いため、歯科医院では手指の衛生、機材の消毒、防護具の着用など、感染症対策には万全を期しています。

さらに新型コロナウイルスへの対策もいち早く行っているため、結果的に歯科医院の感染リスクは決して高くないといえるでしょう。

歯科医院には救急セットが常備されている

歯医者さんには救急の医療器材セットが常備されていることはご存知ですか?

通常歯科医院で行われている診療は虫歯の治療や義歯装着、歯の清掃、定期健診などです。

特に生命の危険に伴う診療は行っていませんが、まれにアナフィラキシーを起こす患者さんがおられます。

麻酔薬やその他薬品、機材によるアレルギー反応なのですが、患者さんにも認識がないアレルギーが隠れていることがあるのです。

アナフィラキシーショックが起きた場合、この医療器材セットで救急治療を行うとともに救急要請をします。

このような事態を招かないためにも治療前のカウンセリングではご自身の体調やアレルギーについてしっかりと伝えるようにしましょう。

新世代iPhoneSEのメリットやデメリットは?その特徴を紹介!

多くのユーザーが待ちわびていた第二世代iPhoneSE(以下、新型iPhoneSE)は発表されました。

新型コロナウィルスの影響でキャリアでの受け渡しは遅れているものの、徐々に販売数を伸ばしています。

そんな新型iPhoneSEのメリットやデメリットについて紹介していきましょう。

新型iPhoneSEのメリット

新型iPhoneSEのメリットとして、価格、A13 Bionicチップ、そして見落とされがちなホームボタンがあります。

価格に関しては、昨今のiPhoneとは逆行するように低価格を実現しているというのがメリットです。

10万円をゆうに超えるモデルもある中、最も安いモデルは4万円台という価格設定になっています。

これは新型iPhoneSEのメリットの中でも最大と言えるのものです。

次に現行ではフラッグシップモデルであるiPhone11など一部のモデルにしか採用していない情報処理のための高性能チップ、A13 Bionicを採用しているのも特徴と言えます。

最後がホームボタン、一見古いシステムと思われがちですが、顔認証の弱点であるマスクの着用やサングラスの着用(しばらく使っていれば認証してくれるようにはなります)と言った場面でもすぐにiPhoneへアクセスできるという意味で意外と便利なメリットもあります。

新型iPhoneSEのデメリット

新型iPhoneSEはコストを下げるために様々なデメリットも存在します。

それはカメラ性能がやや劣る、画面が小さい、バッテリー容量が少ないと言った点です。

カメラ性能は、必要十分な機能が揃っているものの超広角や光学ズームに相当する機能、そしてナイトモードのような夜景に特化した撮影ができません。

そのためカメラ性能を重視する方にとっては物足りなさを感じるという意味でデメリットです。

画面も小さいという点、これはもともとのサイズが小さいというだけでなく、昨今のiPhoneでは常識となったベゼルレスに迫る広々としたものではなく、旧来のiPhoneと同じレイアウトになっている分、より狭さを感じさせます。

最後がバッテリー容量です。

iPhone11に比べて端末のサイズが小さい分バッテリーも小さくなり、スマホの駆動時間も2~3割程度短くなります。

そのため、動画をバッテリーだけでしばらく見るといった用途の場合、やや短く感じる可能性があります。

これ以外にもオーディオや防水性能が若干低いという点もあり、コスト削減のために支払った代償がデメリットとして存在しているのです。

2020年春の新しいiPhoneとしてAppleから発売されたモデルがこの新型iPhoneSEです。

前モデルよりもやや大きくなりましたが、現在発売されているiPhone 11よりも一回り小さいモデルに仕上げられています。

そして全体を通じて、最近のiPhoneのトレンドとはやや異なった仕様になっていることも特徴です。

こういった点が新型iPhoneSEのメリットである価格の安さ、最新のチップ、ホームボタンの存在と言ったものの他、デメリットとなるカメラ性能の低さ、バッテリーの持ち、画面の小ささというデメリットにつながっています。

障害を持つ方への就労支援

障害や疾患のために一般の企業に就職することができない…そのような障害を持った方に就労支援を行う事業所があります。

佐賀で就労支援を行う「かば工房」をご紹介しましょう。

かば工房について

かば工房は就労継続支援B型の事業所です。

利用にあたっては年齢制限はなく、障害や体調に合わせて短時間や週1回など、自分のペースで働くことができます。

利用者にとって家と同じようにくつろぐことができる空間を作っています。

TFTセラピストがいるのでメンタルヘルスも安心して任せることができます。

活動内容は簡単な制作作業です。

タイルコースター、オリジナルキャンドル、アクセサリー、クラフト製品などの制作を行っています。

利用者には生産物に対する成果報酬として工賃が支払われます。

就労継続支援B型とは

障害や疾患により企業への就職が困難な方に働く場所を提供する福祉支援事業です。

雇用契約を結ばないため、自分のできる範囲で仕事をすることが可能です。

活動を通じて知識や能力の向上に必要な訓練を行い、就労継続支援A型や一般の企業への就職を目指すこともできます。

また作業やレクリエーションなどを通じてコミュニケーション能力を養うことも目的の一つとなります。

コンクリート構造の建築過程で重要な型枠工事とは

建築工事には色々な職種がかかわっています。

コンクリート構造の建設物を作る時に重要な仕事の一つに型枠工事があります。

型枠とはあまり聞きなれない単語ですが、どのような作業になるのでしょうか。

愛知県で型枠工事を中心としたサービスを展開している株式会社篠原組をご紹介しながら型枠工事についてとりあげたいと思います。

型枠工事とは

コンクリート構造の建築物を作る際に鉄筋で骨組みを作ります。

その骨組みに木板やベニヤ板を組み立ててコンクリートを流し込み成型していく工事が型枠工事です。

この型枠工事は建造物の構造の根幹となる工程で強度や耐震性に大きくかかわる工事となります。

コンクリートの建造物はほとんどこの型枠工事が必要となります。

精密さが求められる工事

型枠工事は建物ごとにその形状が異なるため、すべて人の手により現場で作られます。

そして型枠を作る際にはmm単位での精密さが求められます。

流し込んだコンクリートが固まってしまえばやり直しがきかないので、型枠からコンクリートが漏れだしたり、壊れたりしたら取り返しがつかないことになります。

それだけに型枠を作る職人には、技術と経験が求められるのです。

愛知県の型枠工事なら

株式会社篠原組は柔軟な対応力で大型建造物から戸建てまで大小を問わず施行を行っています。

型枠工事に必要な知識と技術を持ったプロ集団がチームワークを生かして行う工事はクライアントからの高い信頼を得ています。

大阪の繁華街【ミナミ】はどんなエリア?

大阪の街は難波・心斎橋を中心としたミナミと梅田を中心としたキタの2大繁華街を有しています。

キタはオフィス街が立ち並ぶエリアで大企業などの本社や支社などが多くあるビジネスの街と言えるでしょう。

それに対してミナミは楽しむ街と言えるのではないでしょうか。

もともとミナミは船場の旦那衆が遊んでいた歓楽街から栄えてきた街と言われています。

花街とともに演芸や芝居を楽しんだり、飲食を楽しんだりしたことから、今でも劇場や飲食街が栄えているのです。

大阪をイメージすると必ず頭に浮かぶ【通天閣】【グリコの看板】や【食い倒れ人形】【吉本新喜劇のなんばグランド花月】などはすべてこのエリアにあります。

日本の台所と言われて栄えてきた大阪の代表的なエリアと言えるでしょう。

ミナミで不動産物件をお探しの方へおすすめの不動産会社

ミナミで物件探しをするなら地元の不動産会社がおすすめです。

大阪市中央区東心斎橋にある株式会社アドヴァンスホームは、大阪ミナミを中心に、店舗・事務所・マンションの仲介・賃貸・売買・管理等、不動産全般にわたりサービスを提供している会社で自社管理物件も多く、希望に沿った物件を案内することが可能です。

地元ならではの地の利を生かすことができ、満足できる物件に出会うことができるでしょう。

テレワークを始める前に準備しておくべきアイテム

新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務を余儀なくされ、自宅でテレワークを行うという社会人が増えました。

今はテレワークをしていないという人でも、第二波が起こることも懸念されているため、いつ業務がテレワークに移行しても対応できるように、準備をしておく必要があります。

そこで今回は、テレワークで準備する必要のあるものや、あれば快適にテレワークをすることができるアイテムを紹介していきます。

テレワークに必要なものを準備する

テレワークを行うために誰もが必要とするものは2つあります。

それは、PCとインターネット環境です。

特にインターネット環境については、音声や映像のチャットを行うことでWeb会議を行う機会も増えるため、ただ単に繋いでいるだけではなく、回線の速さなども重要になってきます。

テレワークを快適にするためのアイテムを準備する

ここから紹介するものは、必ずしもテレワークをするために必要なわけではありません。

ですが、仕事環境を整えることで効率が良くなったり、集中力が持続できるといった効果が期待できます。

1つ目は、ネックバンド型のスピーカーです。

テレワークではWeb会議をしたり、相手との連絡が通話になることから、スピーカーやイヤホンを使う必要があります。

ですがテレワークを行う人の中には、子供が家にいることから、周囲の音を聞き取れるようにしなければいけない人もいます。

ですが相手の声も聞き取れるようにしなければいけません。

そこで便利なのが、ネックバンド型のスピーカーです。

イヤホンやヘッドホンとは違い耳を覆わないので周囲の音も聞こえます。

中には普段はネックバンドとして使いながら、必要な時にはイヤホンとしても使えるものもあるので、集中したり、音声が外に漏れてはいけない様な時には、使い分けることもできます。

2つ目は、USBハブです。

仕事を行う際にはPCだけでなく、スマートフォンやタブレット、カメラなどといったものを必要とする人も多いです。

またテレワークの場合には、Webカメラなども接続する必要も出てきます。

それらの充電環境まで整えると、どうしてもコードが多くなり、机の上が乱雑してしまいます。

そんな時にUSBハブを使うことで、コードがまとまり、管理もしやすくなります。

情報を仕入れて、自分に必要なものを考える

テレワークを行う前に、テレワークについての知識や、実際にテレワークを行っている企業の様子が知ってから、準備するものを考えたいという人もいるでしょう。

そんな時には、「一般社団法人日本テレワーク協会」で様々な情報を見ることができます。

テレワークを導入する企業向けのHPとなっていますが、テレワークの知識を身に着けるためには情報量も多く、おすすめのHPです。

元々政府がテレワークを推進していたことに加え、コロナウイルスによる影響もあり、これから先テレワークはより広がっていくと想定されます。

コロナウイルスがいつ収束するかもわからないため、職場でいつテレワークが行われるようになるかわかりません。

そのため、いつテレワークに移行しても対応できるように、テレワークについての正しい知識を持ち、準備も進めておく必要があります。

テレワークは職場での仕事とは環境も異なるため、戸惑うという人も多いですが、少しの工夫で集中できる環境を整えることも可能です。

環境を整え、快適なテレワーク生活を送ってください。