福祉」カテゴリーアーカイブ

地域に寄り添う福祉事業

茨城県日立市で就労継続支援・共同生活支援の福祉事業を営む会社をご紹介します。

2016年に創立され、地域に寄り添った福祉事業を展開している会社で、就労継続支援B型・A型事業所とグループホームを営んでいます。

就労継続支援とは

就労継続支援とは、障害や病気のために一般の企業に継続して就労することが難しい方に向けて、就労の機会や場所を提供する福祉事業の一つです。

支援スタッフとともに働くことで、知識や技術を向上させて一般企業への就労を目指します。

就労継続支援A型事業所では雇用契約を結んで就労しますが、B型では雇用契約を結ばないため、障害の程度や体調に合わせて自由に働くことができます。

また就労継続支援B型では身体的なサポートも手厚く行われるため、自立のための第1歩としても安心して利用することができます。

B型からA型、そして一般企業へとステップアップしていくことを目的としてサポートしています。

共同生活支援とは

障害者グループホームと称される施設で、主に夜間において共同生活を営む住居で、同じような障害を持つ方が数人程度で共同生活を営みます。

支援スタッフが駐在して、食事や入浴の介護など日常生活上の援助や相談を受けます。

日中は就労継続支援事業所などで過ごし、夜間をグループホームで生活します。

滋賀県の障害者グループホーム

琵琶湖の西、滋賀県高島市に障害者グループホームがあります。

障害者グループホームとは

障害を持つ人たちが健康管理や日常生活におけるサポートを受けながら共同生活を行う場所です。

基本的に同じような障害を持つ方が数人で共同生活を送ります。

地域社会との交流を持ちながら生活することで自立に向けての1歩を踏み出すことができるのです。

障害者グループホームに入居する理由

障害を持つ方は病院や施設など狭い世界の中で生活をしていたり、家で暮らしていても家の中に閉じこもりがちで外に出ることは少ない生活をしている方も多く、地域社会とのつながりは希薄になりがちです。

ずっと親の庇護のもと暮らしてきた方も、親が高齢となり、いつかは一人で暮らさなければならないときがやってきます。

自立した日常生活を送るために支援を受けながら共同生活を送るグループホームなら安心して生活を営むことができます。

就労を支援する就労継続支援事業所などで日中を過ごし、夜間はグループホームで共同生活を送ります。

夜間も支援スタッフが駐在するので安心です。

滋賀県の障害者グループホーム

自分らしいライフスタイルを応援しているこちらのホームでは、入居者それぞれが自分にできることを見つけ社会とのつながりを持てるよう支援しています。

駅やショッピングセンターが近いことから活動も広がり、地域とのつながりを持てるような活動も行っています。

子供の個性と発達障害

人はそれぞれ個性があります。

その個性を伸ばしつつも問題なく社会生活を送ることができるように自分で折り合いをつけながら成長していきます。

ただ生まれながらに脳に障害を持ち、うまく社会生活を送ることが困難な人もいます。

特に子供のころには個性と障害が見分けられない場合もあります。

友達とのコミュニケーションがとれない、落ち着きがなくじっとしていることができない、言葉で伝えることができないなど子供の発達で気になることが合ったら小児科医や保育園の先生や学校の教師などに相談してみると良いでしょう。

児童発達支援と放課後デイサービス

障害を持つ子供たちのための支援サービスとして児童発達支援と放課後デイサービスがあります。

児童発達支援は未就学の子供たちが通い、放課後デイサービスは小学校1年生から高校3年生までが利用できます。

松本市には児童発達支援と放課後デイサービスを行っている多機能型通所支援事業所があり、障害を持つすべての子供たちとその親御さんを支援しています。

幼児期から思春期まで各ステージ期において適切な支援をすることで、自分らしく生活できる成人期が迎えられると考えているのです。

障害も発達の個性であり、適切な支援で社会適応力を身につけることができるのです。

高齢者の介護問題

高齢者社会問題が叫ばれて久しい日本ですが、さらに高齢化は加速していくばかりです。

高齢化の原因は二つ。医学の進歩で平均寿命が延びていることと出生率の減少です。

高齢化が進む現在、避けられないのが介護問題です。

ここでは訪問介護について取り上げてみます。

訪問介護とは

要介護の認定を受けた方が、施設ではなく住み慣れた自宅で過ごしたいと希望したとき訪問介護サービスを利用することができます。

訪問介護は資格を持ったホームヘルパーが定期的に自宅を訪問し、介護サービスを行います。

受けられる介護サービスは大きく身体介護と生活援助の二つがあります。

身体介護とは入浴や食事、着替え、排せつの介助などで、生活援助とは日常生活に必要な家事、掃除や洗濯、買い物、調理などを行います。

訪問介護は介護認定を受けた本人のみが利用できるサービスなので、利用者が日常生活に必要なこと以外は受けることができません。

三島市の訪問介護事業所

三島市にある訪問介護事業所では訪問介護事業、居宅介護支援事業、生活応援サービス、まごころサポートの4つの事業を行っています。

生活応援サービスや、まごころサポートでは、介護保険制度では認められていない作業のサポートを行っています。

介護保険制度にとらわれず全面サポートができるサービスは家族にとってもうれしいサービスですね。