資産運用」カテゴリーアーカイブ

相続税の節税対策は早めに相談

昔からよく「先祖代々受け継がれてきた土地や財産も3代相続が続けば何もなくなる」といわれてきました。

確かに何も相続税対策をしなければ、何もなくなることはありませんが、相続のたびに土地を処分して目減りしてしまうのは否めません。

次の世代にできるだけ多くの財産を残すためには、生前から節税対策をすることが重要です。

節税対策には税に強い専門家である税理士に相談するのが一番です。

山口県宇部市にも相続サポートを行っている税理士事務所があるので相談すると良いでしょう。

生前贈与で相続税を節税

生前贈与をすることで財産を減らし、相続税の節税につながります。

生前贈与には贈与税がかかりますが、年間110万円までの贈与はひかぜいとなっています。

例えば10年間にわたり110万円の贈与を行えば、1100万円分が非課税で財産を残したい相手に渡すことができるのです。

ただし、毎年110万円ずつ同じ金額を贈与すると定期贈与とみなされて、課税対象となってしまうことがあるので注意が必要です。

また、贈与した証拠を残しておく必要があるので、銀行振り込みにしたり、贈与契約書を作成すると良いでしょう。

生命保険で節税対策

生命保険には非課税枠があるので、節税対策として有効です。

生命保険の非課税枠は500万円×法定相続人の数なので、法定相続人が3人いれば1500万円が非課税となります。

他にもある節税対策

他にも不動産を使った節税など様々な方法があります。

相続に強い税理士に相談する事で相続税は大きく減額することが可能です。

そのためにも早めに相談することをおすすめします。

資産運用のメリットや利点について

資産運用を行う事で、自分の資産を更に増やしていく事が出来る可能性があります。

2020年現在は、低金利の状態が長く続いており、銀行などに預貯金をしていても利息はごく僅かです。

資産運用を上手く行う事で、大切な資産を更に増やせる可能性があります。

資産運用でも人気の株式投資について

様々な資産運用の方法がありますが、中でも多いのが株式投資となっています。

株式投資は、企業の株を購入し値上がりした所で売却して利益を挙げる事が出来ます。

1日に売買を繰り返すデイトレードや企業の成長を待ち、長期間株式を保有する長期投資など様々な手段があります。

デイトレードでは、1日の中で値上がりした株の売買を行うため、専属トレーダーとして行なっている方が多いです。

長期投資の場合は、デイトレードとは異なり長く株を保有し続ける事から、サラリーマンでも行える手法となっています。

アベノミクス以降、日経平均株価も値上がりを続けており、資産運用の一つとして株式投資が人気を集めているのが現状です。

株式投資の中では、非課税枠で投資が出来る少額投資のNISAを行う人も多くなっています。

資産運用で外貨預金の特徴について

資産運用の方法の一つで外貨預金という方法が挙げられます。

外貨預金は、外貨を銀行に預ける事で金利を得るといった資産運用の方法となっています。

日本円を預ける時と同様に外貨も普通預金と定期預金が存在しています。

日本円の預金と比較すると、外貨の種類によっては金利も高くなる場合があります。

為替の動向にもよりますが、金利の高い外貨を預ける事で資産運用へと繋がっていきます。

元本保証は無いため、元本が割れるリスクも伴いますが、通常の日本円の預金よりも金利が高く資産運用として行われる人も多いです。

低金利の時代ですが、株式投資や外貨預金などの資産運用を活用する事で、資産を増やしていく事が出来ます。

老後の資金の不安などもあり、貯蓄しているお金を資産運用する事で、将来的なお金の不安を解消する事が出来ます。

いずれの資産運用も元本の保証は無いため、資産運用する場合には十分に知識を得てから行う必要があります。

通常の預金の金利では、資産が増えていかない現在では、上手に資産運用していく事で資産を増やしていける可能性があります。