投資」カテゴリーアーカイブ

資産運用で安全性に信頼のある債券を利用することはリスク分散に適切

資産運用を考えている人なら、「確実に安全な投資方法はないものか」と一度は考えたこともあるでしょう。

投資であるため、絶対に安全というわけにはいかないものの、限りなく安全性を高めた投資はあります。

債権は比較的安全性が高く、国債のような特に信頼性に優れたものもあります。

投資でリスクの程度を測ることは重要

数多くの投資商品が証券会社などから販売され、老後の生活を安定させたい意識とも相まって、投資に対する関心は今やトレンドです。

しかし、利回りに惹かれて安易に手を出すと、逆に資産を減らす可能性もあります。

安全性を重視した手堅い投資は、長い目で見ても効率的です。

債権は、発行体に万が一のことがない限り、安全性に優れた投資商品です。

債権の意味 :債券ってどんなもの?

「国債」を考えてみましょう。

日本国が発行している債権が国債であり、その信用度は抜群です。

財政破綻で円の価値がなくなれば別ですが、そんな可能性は極めて低い確率です。

債券は購入すれば一定期間ごとに利子を受け取ることができ、満期後は元本が返却されます。

債権はローリターンな投資方法

一般的に債券は安全性が高い分、利益としてのリターンは小さいです。

そのため物足りなさを感じる場合もありますが、確実な利益が期待できることの価値は、特に投資で失敗した経験のある人なら痛感する部分でしょう。

国債に関しては、個人が購入する場合は「個人向け国債」が一般的です。

これには固定金利型と変動金利型があり、種類によって満期時期が違います。

国債の安全性は優れているため、基本的には多くの金額を保有していても特に問題のないものと言えます。

債権には、国債以外にも様々な種類があります。

アメリカが発行する「米国債」も、国の影響力の大きさや信用度の高さから、安全性への信頼があります。

発行体にどの程度の信頼性があるかが重要なため、種類によってリスクの違いも意識しておくことが大切です。

まとめ

投資といえば、大儲けしようという気持ちが働くこともあります。

しかし、投資で大切なのは元本を守る意識です。

損失を出してしまったら、身もフタもありません。

損失リスクはあっても、その可能性を最小限にして、長期投資の中で利益を積み上げていく投資方法は最も堅実なやり方です。

債券や国債のように、安全性の高いものや、比較的優れたものを投資の視野に入れておくことは有益です。

株式投資を行う人の中には、同時に債権も保有し、リスクを分散させているケースも多いです。

ピンチはチャンス 投資術 コロナショックは投資タイミング

最近は、コロナショックで世界恐慌ともいわれる経済状況です。

そのため、日本経済も他なりません。

日経平均は軒並み低水準。

乱高下する不安定な時期が続きます。

多くの機関投資家や個人投資家は取引を手控えている時期です。

ですが、ビジネスマンの方は、こういうときだからこそできることもあります。

今回はコロナショックのこのタイミングでできることをご紹介していきます。

投資を始めるチャンス

この時期にできること。

それは、ずばり良い投資先を探すことです。

コロナショックでは、例えば日本株を見てみますと、概して低水準です。

そうなるとすでに株をしている方は、自身の持ち株が目減りしているような状況ですから、この上損をしたくないと、あらたな投資をする意欲もわいてこないでしょうし、そもそも自己資産が目減りしていて、そこへもってきて新たな資産をつぎ込む手元がなく余裕もありません。

ですが、今のこの時期だからできること。

それは次に上がる株を探すことや、バリュー株やコロナショックでかえって価値が高まる株を探すことです。

具体的には、実際の価値よりかなり低い評価まで下がっている株は少なくありません。

これは逆の見方をすれば、投資のチャンスなんです。

今、かなり落ち込んだ良い株を宝さがし状態で探し当てることは、長い目で見れば、かなり価値のあることなんです。

今一時期てなことを考えると、損をするかもしれませんが、コロナショックがいずれ収束して、持ち直した暁には元の水準まで戻るでしょう。

そして、景気が持ち直せば、その株は何倍、何十倍まで戻りがあるはずです。

もちろん、そこまで行きつくのには、月単位の話ではなく、もっと長いスパンで見ないといけないので、短期的な話ではないのですが、長期リターンを狙うなら、今が大チャンスなのです。

投資をしているビジネスマンの方は、今はそういう宝探しのタイミングです。

短期的には、自己資産が目減りして、意思消沈しているかもしれませんが、むしろピンチはチャンスです。

長期的なメリットを考える

このように、今自宅で待機期間が増えた方は、今こそ投資の勉強をするのは良いことです。

そして実際に株取引をしている方は、今は良い株を探しあてるべく最高のタイミングです。

今の暗いニュースを見て、株投資を手控えている方が多いと思いますが、意欲は失わなず、今できることをして、長期的なメリットを得ましょう。

今は、とても良い投資のタイミングではありませんが、本当に懸命な投資家は、虎視眈々と底値をうつタイミングをさぐっていますので、底が確認出来たら、次は買いのタイミングになりますよ。