ダイエット」カテゴリーアーカイブ

ダイエットにもしなやかな筋肉づくりにもオススメ!バランスボールのある生活

運動が苦手だという方でも簡単に有酸素運動ができる方法があります。

それが「バランスボール」です。

体幹トレーニングにもピッタリで、日常生活では使用頻度が低いインナーマッスルを鍛えらます。

脂肪燃焼効果があるこのバランスボールの選び方から運動方法などについてご紹介します。

サイズ選びと基本姿勢について

バランスボールには3サイズあります。

サイズは基本的に自分の身長に合わせて選んでください。

以下、サイズと身長の目安をまとめます。

  • 直径55cm:身長~170cm
  • 直径65cm:身長~185cm
  • 直径75cm:185cm~

となります。

基本姿勢は、バランスボールに座ったら足を肩幅くらいに広げましょう。

そして背筋を伸ばし膝が直角に曲がるよう意識をして座ります。

スタートはバランスボールに慣れることが大切

いきなり難易度の高いストレッチやトレーニングを行うのではなく、慣れるところから始めてください。

座るだけでも意外と疲れを感じることでしょう。

短時間から少しずつ時間を延ばしていきましょう。

「座る時間」を決めても良いのですが、習慣化することがポイントですので、日常生活の中に取り入れるのがオススメです。

例えば、テレビを見る時間や家族と話す際、バランスボールに座るという方法などです。

ただ1点、注意していただきたいことがあります。

それは、お食事の時間に使用しない事です。

万が一、姿勢を崩してしまうとケガやヤケドをしてしまう可能性があります。

座ることに慣れてきたら、飛び跳ねたり片足をゆっくり持ち上げたりストレッチを取り入れてみてください。

希望に合わせた部分ストレッチを実践してみましょう

内ももや二の腕・お腹周りなど気になる部分に働きかけるストレッチを取り入れてみましょう。

引用元:YOUTUBE 体幹を鍛える!バランスボールトレーニング4選

難しいなと感じるものは省略しても良いですし、設定回数前にどうしても辛いと感じれば「目標回数」に定めて、近づけるように少しずつ慣れるのもストレスなく進められます。

すぐに効果を期待したくなるものですが、バランスボールは習慣化させて毎日続けていくことで結果が見えてくる方法です。

焦らず・無理せず楽しく続けましょう。

まとめ

天候に左右されることもありませんし、ジムに通わなくても気軽に実践できるのがバランスボールを使った運動です。

無理な食事制限をしてダイエットをしたり、筋肉に大きな負荷をかけてトレーニングをするものではありません。

ですから、健康的に理想のスタイルを目指すことができるのです。

デスクワークが多いという方のための筋肉ほぐし、スッキリリフレッシュにもオススメできます。

興味がある方はぜひともバランスボールのある生活を始めてみてください。